Fine Stage

10.31 Go to the Classic番外編



ラフィアンパーテイーは美浦・栗東総勢68名の調教師の先生方、
そして、横山典、蛯名、内田、戸崎、三浦、松岡、福永、リスポリJKなど28名、
その他豪華なゲストを迎えたパーティーでございました。
私的な写真をUPすることはできませんが、みなさんかっこいいですよね。


c0240132_61544.jpg



グリーンチャンネルの「岡田繁幸のGo to the Classic」番外編を古谷キャスターとやっていただいて、
繁幸さんのサービストークが炸裂しておりました。この人のトークはつかみがうまい。
この日のつかみの部分は、週間ギャロップの凱旋門賞帰国対談のタイトルのパロディー、
次には、吉田照哉さんと勝己さんが、GCの番組をビデオで撮ってみてるから、
営業的にオフレコな話は、すべてカットさせてある!と笑わせてくれました。
バンドワゴンは強いけど、一本調子かもしれないなあ?と、
でも、ハープスターはベタホメでしたね。

繁幸さんの何気ない話の中に、いい馬のヒントのキーワードがあるんですね。
たとえば、トモが強くて後ろばっかりで走る馬は、距離がもたない。筋肉疲労が抜けないとか。
前脚の駆動がないと距離はこなせない。体の使い方がやわらかいことがいいとか、
胴伸びが良いことが大切とかね。信じるか信じないかなんてどうでもいいのです。
彼の理論が、話術が楽しいからいいのですよ、パフォーマーなんです。
結果論で論じるなら、統計で見ている血統評論家が一番まちがっていないわけですから。

●個人的な収穫の話
吉田直弘先生にカルドブレッサのアルゼンチン共和国杯出走の件、聞いてみた?
う~ん、体調がね。調教後の判断で・・・あまり、強気なコメントが聞こえてきません。
これは、10日の京都かもよ?

池上先生には、ユニオン馬の御礼をたっぷりとしてきました。
バイタルスタイル、ソルレヴァンテ、ルーベンスクラフト、アロージェネシスに
懸案のマドモアゼルシッシについて一言聞いておきました。
そして感激は、ソルレヴァンテの厩務員さんが会場に来てくれていて、ご挨拶いただきました。
「いつも応援幕ありがとうございます」
パドックの内と外ですが、もう2年もの長い時間をかけていると、
顔がわかっていたみたいで心が通じた瞬間でした(感激です!)。
なんでラフィアンのパーティーで、このご対面。ユニオンも呼んでくれないかしら。
[PR]
by finestable | 2013-10-31 06:03 | 競馬