Fine Stage

7.31 一人のホースマン その2


サラブレッドの年間生産頭数は、2010年度が7,105頭。
さかのぼって、2001年度は8,807頭、2005年度が7,967頭だった。
この10年間の統計でも、20%近く減少している。

スピリットファームの明智場長が、こんな話をしてくれた。

少し前までは、メジロ牧場が生産したメジロアサマやマックイーンにメジロパーマー、
長距離ディスタンスで活躍した個性的な馬がいっぱいいた。
そういう馬を育てていくという競馬界の土壌もあった。
どんどん距離体系が短くなって、すべてにスピードの価値観を求めるようになり、
スケジュールも興業的になり、生産も育成もみんな効率主義になった。
人を感動させるものは個性も必要だと思うのだが・・・
メジロ牧場や、カントリー牧場の閉場はほんとうにさみしい。

c0240132_5495059.jpg


2012年度の社台グループの繁殖名簿を見ると繁殖頭数が3,354頭。
サラブレッドの生産の45%ぐらいは社台グループが占めることになる。
その他、日高地区の牧場に預託されている繁殖牝馬を含めると、どのくらいの数字になるのやら、
ここからは調べようがない。
Only Oneの個性が光る、そういう馬は市場が望んでいないのかもしれません。
[PR]
by finestable | 2012-07-31 05:50 | 競馬