Fine Stage

7.21 麦とピートの丘

斜里岳の裾野に広がる清里町の丘は、一面の麦とピート。
ピートは清里を代表する作物、大きなカブのようなもので砂糖の原料になる。
収穫できる大きさになるのに2年かかるそうだ。
背の小さい葉はまだ1年目。
消毒も大掛かり、機械は左右の翼を広げると20mは有にある。
農道を行き交うコンバインや肥料用の運搬車、さすがに大規模農業である。
農家の方はみんな町に住み、畑へはみんなトラックで乗用車で通勤する。
アタッチメントを取り替えるのが面倒くさいので、
コンバインや消毒車など4~5台はみんな所有しているという。
作物のとれない釧路平野を思うと、なんという格差なのだろう。

c0240132_645274.jpg

c0240132_6512311.jpg

c0240132_6465657.jpg

c0240132_647375.jpg

c0240132_648148.jpg

c0240132_6484382.jpg


知床方面に落ちる夕日とペンション風景画さん。
ここの山下さんご夫妻は埼玉県からの移住の方です。
斜里岳の風景にほれてこの地を選んだそうです。

c0240132_6501842.jpg

c0240132_6504691.jpg

[PR]
by finestable | 2012-07-21 06:52 | 風景