Fine Stage

0520 みんなヒダカだったね



日曜日のヴィクトリアマイルの大万馬券の主役達はみんなひだか生産馬。
ストレイトガールは浦河の岡本牧場の生産で、
フジキセキ×タイキシャトルというやや旬をすぎた血統でした。
ケイアイエレガント、ミナレットは新ひだか町の生産。
社台生産馬が馬券に絡めなかった不思議なレースでした。
近年は、社台・ノーザン生産馬以外がG1の舞台に立つのも至難のこと。
これから始まるオークス・ダービーには社台Gの有力馬が目白押しです。
牝馬のスプリントからマイルのディスタンスならひだか生産馬にもチャンスはある!
ということが言えたレースでした。
平取産のレッツゴードンキが流れを変えてくれたのかもしれないですね。


c0240132_533654.jpg

c0240132_5331178.jpg

c0240132_5331514.jpg

c0240132_5331948.jpg

c0240132_534241.jpg

c0240132_534615.jpg

[PR]
# by finestable | 2015-05-20 05:34 | 競馬

0519 ノンコノユメ、あなたの夢は。



母ノンコ父トワイニング 息子は女性のような可愛い名前を付けてもらった。
3歳馬によるオープンの青竜ステークス、若いということは躍動感がすばらしいね。
蛯名と壮絶なたたき合いを制したさすがのルメール。
3つ目を勝ってこのあとはJDDへの夢を広げました。


c0240132_5402197.jpg

c0240132_5401512.jpg



8Rもルメールのトーセンターキーがそつなく勝利。
ルメールは1ヶ月の謹慎がありながら早くも20勝。
このレースはデムーロのウインオリアートが人気だったんですけどね。
後方から外を回して追い込むも3着までという結果でしたね。


c0240132_5404291.jpg

c0240132_5404593.jpg




9Rの秩父特別は余裕の差し切りで、人気にこたえたマロウブルー。
ここの戸崎君は正攻法なポジションから抜け出してきました。
週末ぐたっとした天気でしたから、日曜日は一転して、
芝は青くて、気温も上がり真夏の様相でした。


c0240132_541613.jpg

c0240132_5411164.jpg

[PR]
# by finestable | 2015-05-19 05:42 | 競馬