Fine Stage

<   2014年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

1001 秋色の上野ファームから

富良野から旭川の上野ファームへ、雨雲に追いかけられながら急ぎ足の旅です。
ここが上野沙由紀さんの原点となったガーデン。
偶然、本人にごあいさつできました。
コンセプトにある通り、整理整頓されたガーデンではありません。
自然のままに、枯れた花もそのままに、季節の移ろいを味わえます。
そこに、女性のハートをとらえてはなさない魅力があるわけですね。
今年の営業も10.19まで。ながいお休みにはいります。


c0240132_19411280.jpg

c0240132_18341141.jpg

c0240132_18335432.jpg

[PR]
by finestable | 2014-09-30 18:25

0930 夜の風のガーデン

ナイトガーデンのライトアップが9/30まで、
ということで秋の富良野風のガーデンにやってきました。
富良野は盆地で5時過ぎに、あたりは真っ暗。
夏なら、もう少し夕暮れなのでしょうが。
LED照明のひかりに照され秋色の花が咲き誇っていました。


c0240132_2235754.jpg

c0240132_5462264.jpg

[PR]
by finestable | 2014-09-29 21:54

0929 ヤマボウシ色づいて



9月初旬は緑の葉の美しさが際立ったヤマボウシに
いつの間にか赤い実がたわわに実っておりました。
毎年、実の大きさに差があるようで、今年は大きいのよと説明してくれた。
実は山イチゴのような甘酸っぱい味で美味しいです。
今年の静内生活が終わりました。
こんなにのんびりしてしまうと、もう地下鉄とか乗れないのでは?とちょっと不安ですね。
あくせく働くそんな年でもないから、心配することでもないか・・
今年はこれで帰ります。また来年ですね。
地元の皆さんには今年もお世話になりました。
新たな出会いもたくさんあって、それはそれは楽しいのんびりとした時間でした。
今日から、旭川の上野ファームと旭岳を見て、あさって帰路につきます。


c0240132_5304874.jpg

c0240132_5311285.jpg

c0240132_530594.jpg

c0240132_5311012.jpg

[PR]
by finestable | 2014-09-29 05:32 | 一般

0928 長かったね新潟競馬



秋の中山がないと、夏競馬がまだ終わらないうちにクラシックがはじまってしまい、
平坦の馬場が荒れて、来週のスプリンターズでやっと新潟が終わります。
札幌をあと2週位やっても良かったのでは、そう思いました。
静内のJ-PLACEもまったりしたムードで、土曜日は閑散とした人出。
日曜日の重賞があっても100~200人位でいっぱいで、年寄りばかりです。
3歳のスーパー未勝利も残りのレースが数えるほどしかなくなってしまい、
終わってしまった感がぬぐえません。
「花子とアン」も終わったから、ご苦労様ということにしましょう。


c0240132_6121258.jpg

c0240132_6122682.jpg



来週からは北海道を舞台にした「マッサン」です。
ニッカの生みの親、竹鶴政孝・リタの生涯を描いた北海道余市を舞台にした物語で
北海道は経済効果を見込んで、余市の町も大変盛り上がっているようです。
また、いい話を半年間追いかけて見ることになります。
[PR]
by finestable | 2014-09-28 06:13 | 競馬

0927 親子の風景




朝夕の冷え込みが急にきつくなって寒くなってきました。
そろそろ0℃を割るところがあるとか、さすが北の国です。
北海道が競走馬のふるさとになったかというと、
戦時中の軍馬の供給で、すぐれた馬の成育に必要な「ミヤコザサ」の分布が、
雪の少ない胆振、日高地方に集中していたことから、
政府の指導により品種の改良、施設の整備を行い、事業化したことがはじまりだそうです。
新冠の山裾などにはこの「ミヤコザサ」を見ることができます。
こうして100年を超えて、馬産の歴史はこの地に受け継がれてきたわけです。
「昔は、豊畑には馬しかいなかったのよ」と地元の人に言われた。
いまは、田んぼも畑もひろがっています。
子馬が前脚をハの字に開いて草を食むのは、いつ見てもかわいいものだ。


c0240132_6432254.jpg

c0240132_6433383.jpg

c0240132_6435072.jpg

c0240132_6435962.jpg

c0240132_6441089.jpg

[PR]
by finestable | 2014-09-27 06:44 | 競馬

0926 しあわせな馬生




御殿山公園の入り口にある岡田スタッドに、
功労馬として余生をすごす馬を見た。
背中のラインが落ち込んで曲がり、
「すごいなあ~何歳ですか」と聞いたら、30歳だそうだ。
人間なら有に100歳を越えている訳ですよね。
毎年7,600頭あまりの馬が生まれ、中央で勝ち上がれるのは3,700頭あまり。
それが毎年繰り返される競争社会の中で、
牡馬が最後の余生を静かに過ごせるのはかぎられた存在だけだろう。
わざわざ、カメラの位置まで馬を引いてきてくれたスタッドの方に感謝。
ただ・・馬の名前を聞くのを忘れてしまった。


c0240132_6141088.jpg

c0240132_6131699.jpg

c0240132_6132464.jpg

[PR]
by finestable | 2014-09-26 06:14 | 競馬

0925 マルーンドロップを訪ねて




豊畑の一番奥、ノルマンディーファームの牝馬の馬房、
お休み休暇中のノルマンディーのマルーンドロップです。
2歳馬でも募集馬でもないので、のんびりムードでまだ乗り出しておりません。
この日は小蠅がまつわりつくもので、彼女は嫌いらしくイライラしております。
盛岡のJRA交流を勝ってなんとか中央に残ってくれました。
崩れないコンデュイットの代表馬としてこれからも頑張ってもらいたいですね。
お澄まし顔はなかなかの美人さんです。


c0240132_623734.jpg

c0240132_615284.jpg

c0240132_621946.jpg

c0240132_61414.jpg

[PR]
by finestable | 2014-09-25 06:03 | 競馬

0924 藤原牧場のお馬さん




リボンストライプとエアラホーヤが放牧されている藤原牧場の豊畑分場は、
9月に入っても会員さんが訪問されていて、
馬が見学の対応を知っていてもういい加減にして~と言っているそうです。
ごめんなさいね、リボンストライプだけを見に行ったのですが。
1頭だけ引いてくると寂しいそうでラホーヤが追いかけてきます。


c0240132_5453158.jpg

c0240132_5473692.jpg

c0240132_546540.jpg

c0240132_5461588.jpg



ダイワメジャー×リボンストライプ 牝馬
相変わらずこの馬はラインがきれいです。つくべき筋肉もついてきた印象ですね。
マンハッタンカフェ×エアラフォーヤ
すでに満口なのですが、見ていきますか。ということで見学させていただきました。
牝馬らしく品のある造りです。
マジェスティハーツからユニオンを代表する牝系になりましたね。
兄弟そろっての活躍を会員が待ってます。


c0240132_5474458.jpg

c0240132_546257.jpg

[PR]
by finestable | 2014-09-24 05:49 | 競馬

0923 コスモビューファームの放牧地から




この季節1歳馬は昼夜放牧から、馴致へと徐々にステージが変化している。
コスモビューファーム並木はコスモビューの丘が一番近くに見える放牧地。
昼夜放牧の馬が青草を食んでおります。


c0240132_644766.jpg

c0240132_645898.jpg



次の放牧地がオーク。1歳馬の牡が放牧されておりました。
コスモチェーロにはまにあわず、サミーカラーズの13とご対面。
あっという間にチェーロを追いかけて飛んでいってしまいました。


c0240132_652564.jpg

c0240132_653622.jpg

c0240132_65454.jpg



少し先の坂道をどんどん上がっていくところにあるのがエルフ。
ここは牝馬たちの放牧地。
お目当てのイクスキューズはねむくてねむくて、
2分ともたず横になってしまい爆睡してしまいました。
放牧地を担当に聞いてこないと、広くて馬に出会うのも大変です。


c0240132_663510.jpg

c0240132_664235.jpg

[PR]
by finestable | 2014-09-23 06:08 | 競馬

0922 キャロット2014大抽選会



突然の寒波で風邪を引き、ぎっくり腰もやられて2日ほど二人して寝込んでしまいました。
ようやく行動できるようになって昨日やっと町に出てきました。

恒例の年に一度のキャロットのお祭りは、ついに会員○○年目。
20年生がいらしゃるそうで偉そうに言えませんが。
私の緑色の会員カードの裏面はまだ、中野坂上の住所のままです、笑ってしまいます。
去年エピファの弟クローディオで×1をいただき、計画どおりシーザリオの13最優先で無事確定。
あとは、一般でモンローブロンドの13を申し込みました。この2頭だけです。
モンローブロンドの13は非常に難しい抽選をくぐり抜けてくれたようです。
周りの皆さんが一般ではずれているので、どうして当選したのか・・老人の恩恵ですかね。
息子は、アドマイヤサンデーの13を最優先でゲットしたようです。


c0240132_6101661.jpg

c0240132_681343.jpg

c0240132_6103480.jpg

c0240132_6105820.jpg



もう、一口ライフも最後ですから、期待を持って将来を夢見ましょう。
皆さんの愛馬にも、輝く未来ががとどきますように。
[PR]
by finestable | 2014-09-22 06:13 | 競馬