Fine Stage

<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

0430 マレーグマのフジ君



テレビで有名になった悩めるマレーグマは山口県徳山動物園のツヨシ君。
肉食のクマの仲間とはちょっと違って、蜂蜜や、昆虫やヨーグルトが大好きという変わり者。
視力が弱いから、走ったりしないんでしょうね。
現在、上野動物園には、アズマ、キョウコ、モモコ、フジ君と4匹が飼育されていて、
みんなで交代で放飼場にでてくるそうです。
個体の案内が出ていましたが、はて、この子は誰なのか?
2才のフジ君でした。狭いところで蜂蜜を探して顔を出してくれません。
顔がナマケモノににて、動作がクマモンです。愛嬌がありますね。
乱獲によって絶滅が危惧されているようです。
写真にとったとき、背中かどこか痒かったんですかね~


c0240132_60165.jpg

c0240132_603436.jpg

c0240132_604720.jpg

c0240132_61384.jpg

[PR]
by finestable | 2014-04-30 06:01 | 一般

0429 初めてのリーリーとシンシン



キトラ古墳展を見に上野の国立博物館へ・・・あら!待ち時間が60分。
あきらめてとなりの上野動物園へ、小学校の修学旅行以来50年ぶりぐらいに寄ってみました。
初めてのパンダとのご対面です。朝のお食事中のリーリーとシンシン。
リーリーはオスですから豪快に太い部分でもばきばき口に入れていってしまいます。
ダイナミックやなあ~そんなに可愛くはないけど、でかい!


c0240132_64328.jpg

c0240132_635575.jpg

c0240132_665032.jpg

c0240132_671884.jpg



シンシンの方が上品に食べてました。女の子らしく可愛いですね。
パンダ年齢9才ですが、人間に例えるとどのくらい生きるのでしょうかね。
2011年に日本に来て、3年目ですね。
パンダ舎の前はいつも混んでいますから、毎日通う位でない違う表情は撮れませんね。
1日見ていたら楽しいのでしょうが・・・


c0240132_651453.jpg

c0240132_651975.jpg



そういえばマレーシアと中国の友好の架け橋としてパンダの寄贈が決まっていたのだが、
マレーシア航空機の墜落の影響を受けて中国側が無期延期に延ばしてしまったらしい。
人道的に許せないものがあったりするのでしょうか・・・
政治利用しなくてもと思うのですが、中華思想に基づく価値観は曲げられない、そこばかりです。
[PR]
by finestable | 2014-04-29 06:08 | 一般

0428 完敗でした、残念



香港へ応援に駆けつけたみなさまお疲れさまでした。
出走に携わっていただいた関係者の皆さまありがとうございました。ご苦労様でした。
いつかこの苦労が報われる日もくることを信じております。
結果は結果として、また前を向いて1から出直して頑張りましょう。


c0240132_549978.jpg

c0240132_5491414.jpg



finestableは2連勝で、さあ、気分は香港へ・・・
しかし10Rのジャングルハヤテの後藤君の落馬事故から、急に気分が重くなった。
また、頸椎骨折。再びターフに戻れるのか?
岩田君とは何回騎乗停止や、罰金を受けてもこういう巡り合わせになる、岩田は本当に嫌いだ。

裁決レポートでは
 最後の直線コースで、9番リラコサージュが外側に斜行したため、
2番ジャングルハヤテは9番に触れ転倒し、競走を中止しました。
 この件について、9番リラコサージュの騎手岩田康誠を2014年5月3日(祝・土)から
5月11日(日)まで9日間の騎乗停止としました。

狭いところへ突っ込んだ後藤が悪いのか、左ムチを使った岩田が必然なのか、
正面のパトロールビデオを見ての判断だったと思うのだが・・・
土曜日のメインレースのラブリーデイのシュタルケもそこまでやるかというぶつけ方で、
相手が堕ちなかったら審議にもならなかった?ぶつかった事象についての説明があっただけ。
勝つために多少のファイトはある、こういう騎乗をJRAがみとめた採決でした。
ちょっとしたことを気にしだすと、競馬がバカらしくなる。
[PR]
by finestable | 2014-04-28 05:50 | 競馬

0427 香港へ声援を送ります




c0240132_5402536.jpg


香港のシャティン競馬場の2000mは1コーナーまでが200mと短く外枠が圧倒的に不利なようです。
中山の1800mのスタートのようなイメージですね。
エピファネイアは6番枠を抽選で得られたようです。
あとは出遅れないように、先行馬を見てスムーズに進めてもらいたいものです。
相手はどれが強いのかさっぱりわかりませんが、3番人気位のようですね。
頑張って、テレビから声援を送りたいと思っています。
写真は香港のシャティン競馬場のHPからお借りしました。


c0240132_540569.jpg



昨日のラジオでエルコンドルパサーがやっと30頭目の顕彰馬に選ばれた、という話が。
195人の記者投票で75%以上の得票数を経た馬が選出される規定で、
一人の記者が3頭まで記名できるのだが、
エルコンドルパサーはノミネートはされるがなかなか75%に届かなかったそうだ。
近年、オルフェーブルが凱旋門賞の扉を半分開けてくれたおかげで、
エルコンドルパサーの功績が見直されたという意見だった。
ちなみに今年の次点はブエナビスタだったそうだ。
レッドリヴェールのダービーから凱旋門賞への主戦が福永に決まったようですね。
秋は少なくとも3頭、キズナ、ハープスターが凱旋門賞ですか・・・
もし勝ったら、凱旋門賞は国内G13つぐらいの勲章にあたるのかもしれないですね。
[PR]
by finestable | 2014-04-27 05:37 | 競馬

0426 レモン 牝2才



毎朝、公園で挨拶するお近くのお嬢さん。
ちょっと気性が落ち着かないが、なかなかに気品のある顔をしております。
日本スピッツの血統だそうです。毛並みが本当にきれいです。
月に1度のお風呂で後はブラッシングだけだそうですよ。
白毛はきれいですね~


c0240132_549139.jpg

c0240132_5482526.jpg



finestableの2才馬で一番速い入厩が連休明けになりそうです。
その他の馬たちはまだまだです。
ひだかの牧場系はあまり速い時計を出していませんね。
今年は雪が多かったから、基礎的な体力の不足もあって時間がかかるようなきがします。
開催が変わって初日の出走は、東京、福島、京都に各1頭ずつ、そしてメインレースは香港です。
無駄な運は使わず、明日の夕方まで溜めておきます。
[PR]
by finestable | 2014-04-26 05:49 | 競馬

0425 ブラックバーン校長を見ていると



「花子とアン」は山梨の貧乏な小作の娘の生い立ちが刻々と綴られていって、
明治生まれの人の人生の過酷さに涙する。
花子が最初に出会った外国人、ブラックバーン校長は厳しくてそしてやさしい。
ブラックバーン校長を見ていると思い出す人がいる。
私の人生でデザインを教えていただいたMr.ハリスというアメリカ人。
デザイン学校生から引き抜いていただいて事務所に入れていただいた。
昭和40年代アメリカ大使館の仕事をしていた事務所は、外人ばかりで英語が公用語、
かかってくる電話はすべて外人で、英語をしゃべれない私は毎日が怖くて・・・
「good morning Mr Harris, i’m sorry to be late」
セクレタリーの女子に教えていただいた唯一の英会話、毎日がこれだった。
毎日、遅刻をしていて怒りと失望を買ってしまった・・・

人生何をやってもダメなときはあるようで、どうにもならないどん底の時期もあります。
ピカソにだって「青の時代」と呼ばれる画風の違うさまよえる時代があった。
新緑の緑は目に優しく心にゆとりを届けてくれていますか。
皆さんに良い週末がおとずれますように。ごきげんよう、さようなら。


c0240132_5532726.jpg

[PR]
by finestable | 2014-04-25 05:55 | 一般

0424 皐月賞Day 3



中山で、お昼休みに船橋市消防団音楽隊と市立船橋バトントワラー部によるパレードが見れるのは、
皐月賞と有馬記念だけ、生のファンファーレも年2回です。
そして、今年はプレゼンテーターがTOKIOでした。
JRAからダービーもTOKIOがプレゼンテーターをするという発表がありましたね。
生のファンファーレに合わせた手拍子の盛り上がりも、G1ならでは。


c0240132_5503229.jpg

c0240132_5505012.jpg

c0240132_5505782.jpg



皐月賞の5万5000人は寂しい数字ですが、改装に伴い狭い競馬場ですがまだまだ隙間が・・・
この狭いウイナーズでずっと運営して来たことも、
なくなってみれば懐かしく感じるかもしれませんね。
クリスタル棟がなくなるとずいぶん小さい競馬場に感じることでしょう。しばしのお別れです。


c0240132_5513157.jpg

c0240132_551432.jpg

[PR]
by finestable | 2014-04-24 05:52 | 競馬

0423 皐月賞Day 2



午後から怪しい雲が上空を覆って、的確な露光が得られません。
暗い画像ばかりですが、なんとか芝のレースで撮影したものをのせておきます。
YUTAKAがきた~騎乗スタイルで遠目でもはっきりわかる。
8Rのトキノゲンジで大外一気に差し込んできました。
9R鹿野山特別を逃げて圧勝したマイネルミラノ。
2000m2:00.3 5馬身差、影も踏ませませんでした。


c0240132_64688.jpg

c0240132_6415100.jpg



最終準オープンの春興ステークスもアーデントで武豊マジック炸裂でした。
メインのトーセンスターダムで惨敗していたので、
気落ちしてくれていると思ったのですが・・・勝負は勝負、ということですか。


c0240132_643975.jpg

[PR]
by finestable | 2014-04-23 06:05 | 競馬

0422 皐月賞day



開門が8時30分でしたが、地下はエスカレーター口まで解放だったようです。
朝一番のパドック風景から、ノースヒルズ、ワンアンドオンリー、大仙ヒルズはいつもすごい。
1R、人気を集めたマーブルケーキ。北村の快進撃のはじまりでしたが・・・
3R、6Rと3つも勝ってしまいさすがに1日5勝は無理だろうな?
私の予想通りその後は勝てず、朝、勝ってしまうから・・・
最終Rまでエネルギーが持たなかったようです。


c0240132_5324249.jpg

c0240132_5324840.jpg



5Rのハイアーレートが休み明けからダート路線に方向を変えて、初戦です。
今日は、豊がちょっと強引に引くに引かずに、がりがりやってしまいました。
それでもへこたれず、馬は頑張ってくれたと思います。
「ちょっと強引だったかな~」そんな表情でした。
パドックでのチャオ君の1枚と。

c0240132_5331918.jpg

c0240132_5332573.jpg

c0240132_5342194.jpg

c0240132_533398.jpg

c0240132_5334962.jpg

[PR]
by finestable | 2014-04-22 05:35 | 競馬

0421 イスラボニータ完勝でした


大混戦、どの馬が勝ってもおかしくはない!
戦前の評価のとおり、徹夜組が並び狭い場内は大混雑でした。
それでも5万5000人と放送されていました。
朝7時前の正面に並んだけれど、走れずスタンドに席を取るのがやっと。歳には勝てません。
高速決着になって、スピード対応能力に優れた馬たちがやはり上位にきましたね。
1番人気のトゥザワールドが3番手に付けたときに、こういう決着なるなと予想できた。
勝ち時計1:59.2坂下から2頭が叩き合って、インで粘るウインフルブルーム。
最後はイスラボニータが1馬身半抜け出たところがゴール。強かったね〜


c0240132_632616.jpg

c0240132_634883.jpg

c0240132_64594.jpg

c0240132_614310.jpg



こういうレース巧者がダービーを制するか?と言われると・・・
去年キズナであっさりやられているので、ダービーはわかりません。まったく別のレースでしょう。
バウンスシャッセは4角の勝負所でついていけず、ムチが入る苦しさ。
それでもずるずる後退せず坂をあがってきました、経験はいつか実を結びます。
G1の舞台に立てるだけで十分。それも男馬に混じってですから。
会員のみなさまおめでとうございます。
寒い中、おつきあいいただいた皆さんお疲れさまでした。
TOKIOファンはそんなに騒がなかったですね。


c0240132_645330.jpg

c0240132_69478.jpg

c0240132_695726.jpg

[PR]
by finestable | 2014-04-21 06:11 | 競馬