Fine Stage

<   2013年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

11.30 さあ有馬まで、がんばりましょう



暮れの中山というと、餅つき競馬が代名詞で、訳が分からない馬が飛んでくる!
わさわさした師走競馬が醍醐味だったのですが、
昔ほどお客さんが迫力がなくなって、鉄火場の雰囲気はありません。
有馬を連覇したグラスワンダーは中山が本当に似合う馬。
朝日杯と有馬記念と、12月になるとグラスワンダーがレースに出てくるような錯覚を覚えます。
まずは、きょうの葉牡丹賞から、ここから暮れのホープフルやラジニケへ。
はたまた、年明け京成杯へ思いを馳せる馬たちを見に行きましょう。


c0240132_65384.jpg

c0240132_651443.jpg



名物ステーヤーズステークスは、まだマイネルキッツやトウカイトリックが出走します。
10歳馬、11歳馬というのは人間でいうと、ゆうに50歳は超えているはずです。すごいや〜
ヴィクトワールピサが勝った有馬のレースから。
どうも岩田君や内田君が最近元気がないような・・・
WSJSで気分を変えて盛り上がってもらいたい。
[PR]
by finestable | 2013-11-30 06:06 | 競馬

11.29 クリスマスツリーと流星と



今年も、華やかな日本橋高島屋のクリスマスツリー。
正面玄関前で皆さんをお迎えしております。
大きなトナカイが、首を振っておりますので、記念の1枚も難しいショットに。
たくさんの笑顔があふれる12月がやってきます。

c0240132_12164725.jpg



流れ星が崩れてできたような美しい流星を持つお馬さん。
宇宙の星雲のように、額の中心で渦を巻いております。
クリスマスが似合うウインのお馬さんです。鉾田で見つけました。
毛並みもきれいで、一目惚れのお馬さん。

c0240132_64119.jpg

[PR]
by finestable | 2013-11-28 12:09

11.28 池上厩舎の厩務員さん Part 2



先日、ソルレヴァンテのウィナーズで久しぶりのご対面となった田端さんが、
ユニオンの12月号の厩舎紹介のページで紹介されるそうです。
懇親会の会場で、クラブの方からご報告いただきました。
懇親会で流れたトレセンでの様子にも田端さんが手入れをしている様子が流れて、
あれはいいVTRでしたね。
そういえば田端さんは、ビッグレッドファーム明和で修行された方と知り合いが教えてくれました。
写真は、悔しかった昨年の弥生賞の一コマから。
フェノーメノはすでにG1馬に。コスモオオゾラ、トリップはオープン。
アーデントにやっとおいついて準オープンです。


c0240132_62187.jpg

c0240132_61535.jpg

c0240132_62023.jpg



昨日の園田7Rには出資馬のミニョネット、ユニオンのリノワール、
そして日東さんのナルミチャンとみんな2つ目の勝利で中央復帰を目指す、
知り合いの馬たちがそろってしまいました。
複雑な心境でどれが勝っても良かったのですが・・
ミニョネットが先に抜けさせていただきました。関係者のみなさますみませんです。
園田は年内まだ開催がありますのでナルミチャンもリノワールも次のレースは応援しますね。


c0240132_645246.jpg

[PR]
by finestable | 2013-11-28 06:05 | 競馬

11.27 2013 東京開催全日程終了



週末天気がよくて、紅葉が見頃を迎えて最高のフィナーレでした。
ですが、JRAから発表されたJCの数字に唖然!!

日本中央競馬会は24日、第33回ジャパンカップの入場人員が9万7420人で前年比82.7%、
馬券売り上げが前年比13.8%減の173億2187万8200円だったと発表した。
見た目に反して絶望的な数字だったんですね~。


c0240132_622238.jpg

c0240132_621230.jpg

c0240132_644099.jpg



JCのパワーはすごい!とか、うかつにもブログに書いてしまい、お恥ずかしいかぎり。
土曜日の昼には、もう徹夜組の列が整列していたのに・・・
あのお金をかけたTV、交通広告、進撃の巨人を巻き込んだコラボレーションはどこへ吹き飛んだ?
東京競馬場開設80周年のお祭り企画で、ダービーの盛り上がりの再現とはならず、
予算は広告代理店と京王に吸われていったようです。
国内最高賞金額で、海外から一流の馬を招待するジャパンカップの創設理念はどこかへいって、
1ヶ月前に凱旋門賞を肌で感じたファンは、物足りないメンバーにがっかりしたようです。
給料日前の連休だから仕方ないにしても、お客さんには罪はありません。


c0240132_651640.jpg


土曜3Rの芝2000m2歳未勝利戦、丸田君のラグジードライブがロッカバラードを競り落とした。
人気馬が崩れたレースだったが、ゴール前は面白かったですよ。


c0240132_66212.jpg

c0240132_651790.jpg


メインレース、キャピタルステークスのサトノギャラント。
クビ、クビ、クビの接戦でスイートサルサ、レッドアリオンも追い込むも届かずでした。
2月から11月まで今年もよく通いました。
来年の東京開催は、どんなドラマが待っていてくれるでしょう。
[PR]
by finestable | 2013-11-27 06:09 | 競馬

11.26 土曜日のメイクデビューから



土日の東京競馬場通いと立っていた時間が長くて、やはり腰がやられてつらい。
歳はとりたくないものです。
土曜日のメイクデビューから。
5Rの1600m、人気を集めた、秋のいまの景色に似合うアカネイロ。
栗毛の奇麗な馬体は品もあって、走ってきそうです。
門前仲町のよく行く喫茶店は、山本一力先生のなじみの店で
デビュー作の「あかね空」が誰でも読めるように置いてある。
アカネイロとは、情緒も香る人間臭い、さてさていい名前をつけたものだ。
今日はインに包まれて出すところがなく、後藤君のエアアンセムにうまく乗られました。


c0240132_5593219.jpg

c0240132_5592163.jpg

c0240132_5554697.jpg

c0240132_5561035.jpg



6Rの人気馬はトーセンプレジオとアスコルティ。
そして、ヒシバイタルのラストクロップとしてデビューしたサトノバイタル。
バイタルスタイル、ソルレヴァンテ、ルーベンスクラフトの下になります。
この子は昨年牧場で会っているのです、なかなかの男前です。
502kgと大型馬に、お母さん譲りの栗毛が西日に映えて輝いておりました。
勝ったのは2番人気のアスコルティ持ったままの楽勝でした。
サトノバイタルは7番人気と評価は低かったですが6着と伸びてきました。
この弟くんも、応援してあげてください。


c0240132_557654.jpg

c0240132_5574672.jpg

c0240132_5581314.jpg

c0240132_60121.jpg

[PR]
by finestable | 2013-11-26 06:00 | 競馬

11.25 すごいJCパワー



ものすごい人出でしたね。10万人を超えていたのでしょうか?
あいにく、品川でユニオンの懇親会があり
3時前に競馬場をあとにしたので、実際のジャパンカップは見ておりません。
3時に府中競馬場前につく電車から、競馬場へ急ぐ人達がおりてきます。
何がそんなに夢中にさせるのでしょう。
7Rから特別が組まれており異様な興奮状態でした。
8Rのヴィンテージイヤーは出遅れて、スムーズな競馬でなかったけれど納得の2着。
よく頑張ってくれました。
その後のNetの速報でジェンティルドンナが
ハナ差でデニムアンドルビーをしのいで勝利したことを知って、
すごいとしか形容できません、総賞金は10億円を超えたのですか?


c0240132_5583653.jpg

c0240132_5584276.jpg

c0240132_5584750.jpg

[PR]
by finestable | 2013-11-25 05:59 | 競馬

11.24 ソルレヴァンテ大逃走劇!!



「今日は展開に恵まれたところはありますが、やはり力はありますね。
今後が楽しみです」(内田博幸騎手)
レース後の公式コメントです。
1枠1番に入りましたから、中途半端なことはせずハナを主張して、大逃げの展開。
1000mの通過が1:01秒ぐらいだったので、後続との差を考えてこれは大丈夫?安全圏?
それでも東京ですからバタッと来てしまうかもと思っていたら、6馬身差の完勝でした。
厩務員さんと(多分お名前は田端さん)がっちり握手して、感激のウィナーズでした。
お姉ちゃんと並んで4つ目の勝利へ届きました。


c0240132_6115926.jpg

c0240132_613336.jpg

c0240132_6125491.jpg

c0240132_6131337.jpg



赤いシャドーロールの逃亡者!とか、タイトルをもらえるように、
逃げ馬として磨きをかけた方が強くなるように思います。
差して切れる脚もないのだから、こういうパターンが一番強い。
関係者の皆様ありがとうございます、会員のみなさんおめでとうございます。
特別勝ちの1勝というより、田端さんとの思い出の1勝。
こういう勝利は人生にもうないでしょう、このことが本当に嬉しい。


c0240132_613506.jpg

c0240132_6135936.jpg

c0240132_6141150.jpg

[PR]
by finestable | 2013-11-24 06:13 | 競馬

11.23 今年のJCはどのくらい入る?




去年の第32回はジェンティルドンナ vs オルフェーブルの3冠馬対決にわき、
ルーラーシップ、フェノーメノとメンバーも揃い、11万人が入ったジャパンカップ。
今年は・・・ジェンティルドンナにエイシンフラッシュ、ゴールドシップとやや寂しいメンバー。
どのくらい入るのでしょう?
東京開催のラストですからフィナーレの意味も込めて7~8万人ぐらいと予想しておきます。
当日混んでいたら、さすがJCは人気がある!と納得することにします。


c0240132_658107.jpg

c0240132_6581638.jpg

c0240132_6582211.jpg



去年、ビートブラックをかわして抜け出す時、外のオルフェーブルをはじいたジェンティルドンナ。
審議ランプがともり岩田、池添とも笑顔のない凱旋となった。
今年は、ジェンティルの主戦として4冠をもたらした岩田が乗り変わる。
怖い世界というか、去年岩田のおかげでとれたジャパンカップのタイトルだったはず。
岩田は嫌いなジョッキーなのだ。が、
外人の技量がどうこうではなく、スタッフと汗を流して苦悩をともにしてきたジョッキーを
今年2着、3着を繰り返したからおろすなんて、
こんなことを繰り返していたら、日本に武豊の次のスターなど現れるはずもない。
ファンはとっくにそういう大馬主やJRAに愛想を尽かしている。

ところで、ファイヤーって何者?
障害未勝利戦からダート準オープンの2100mを勝ってジャパンカップですか・・・
出れてしまう不思議さ、もちろん登録料を払うのでしょうけれど。
写真はJRAからお借りしました。
[PR]
by finestable | 2013-11-23 06:58 | 競馬

11.22 池上厩舎の厩務員さん



ラフィアンのパーティーでご挨拶をいただいたのが、つい先日のように思い出されます。
この方が、ソルレヴァンテの厩務員さん。
馬サークルの中にいる人と知り合う環境など、ほとんどありませんからね。
土曜日は久しぶりに、ソルレヴァンテとともにお会いできます。
お名前を聞いておけば良かったと、ちょっと反省しておりますが・・・
またお会いする機会があるでしょう。
馬の成長曲線にも一定の波があるように、
バイタルスタイルの血統もある年齢で落ちてくることははわかっております、
それまで、ソルレヴァンテをよろしく。
何とかオープンまで、あと2つ階段を登ってもらえれば嬉しいのですが。
                 

c0240132_7285960.jpg

c0240132_729874.jpg

[PR]
by finestable | 2013-11-22 07:30 | 競馬

11.21 秋の風景、続編です



先週寒かった東京も、おだやかな気候に戻っていちょうが奇麗な色にそまっております。
この季節は、日の落ちるのも早く急ぎ足になりますね。
11/10の日曜日、京都駅からJRで嵯峨嵐山へ。
おきまりの竹林の小道をぬけて、嵯峨落柿寺方面を散策しました。
嵐山の竹林も台風でかなり竹が倒され、被害を受けたそうです。
時間があれば常寂光寺までと思っておりましたが、
京都競馬場も午後の予定でして、そちらはまた行ってまいります。


c0240132_623379.jpg

c0240132_62493.jpg

c0240132_63868.jpg



御所の前の烏丸通りの式場で、結婚式を挙げてから40年近く経ってしまい、
もう歩いて京都を見て回れるほど若くはなくなりました。
寺社仏閣を歩くだけでも、1ヶ月はかかるでしょう。
そこに、四季折々の表情があるわけですから、
京都が国際的に人気になるのも仕方ないかも知れません。
それにしても、紅葉の季節は凄い人が集中します。


c0240132_633983.jpg

c0240132_632042.jpg

[PR]
by finestable | 2013-11-21 06:04 | 一般