Fine Stage

2013年 10月 19日 ( 2 )

10.20 新潟組は強いね〜



新潟2歳ステークスのレベルは高いということを証明した、
いちょうステークスのイスラボニータ。
レースレベルの評価がどのくらいもらえるのかはわかりませんが、
これで暮れのG1シリーズへの参戦が決定しました。
朝日杯になるのでしょうか。おめでとうございます。
ウインフェニックスもいい走りでした、惜しかったですね。
クラリティシチーも切れ味を見せて、500万は勝ち上がってくるでしょう。
ハイアーレート君は+16kgですかね?切れ負けしました。
最初に仕掛けたのがハイアーですから目標になるのは仕方ないのですが・・・
まあ、次です、次。


c0240132_20018100.jpg

c0240132_2002875.jpg

c0240132_2015463.jpg

c0240132_2022462.jpg

c0240132_202399.jpg



午後から急に暗くなって、露光があわなくて暗い写真ですみません。
メインの富士ステークスはダノンシャークが余裕の勝利でした。
下手くそな写真で、露光が得られずアマチュアの限界を感じますね〜


c0240132_2031868.jpg

[PR]
by finestable | 2013-10-19 20:03 | 競馬

10.19 思い出のセイウンスカイ



ニシノフラワーにはじまり、ライデン、マンゲツ、
ニシノナースコールにブルームーン、西山牧場の馬を応援していた時代があった。
自ずと、セイウンスカイも愛馬で、正月のジュニアカップを楽勝したときには、
これはすごいと、旋律を覚えたのを覚えている。
当時は脂ののった横ノリの騎乗が冴え渡っていたし、
父シェリフズスターも行方がわからないような状態だったので、
ロマン派の心を揺さぶったのかもしれない。
ホワイトフォンテンにはじまり「芦毛の逃亡者」には、ファンは心を奪われるようだ。


c0240132_772394.jpg



村上龍「速いものは美しい」第6回東スポの広告の馬がそのセイウンスカイだった。
親近感が湧くとともに、菊花賞のあの逃げ切りの圧勝劇を思い出した。
村上龍はこう書くのか、と読んだ。
ただ、彼よりは私の方が、もっとセイウンスカイを競馬場で見ているし、
声を出して、応援していたと思う。
残したラップの刻み方や、当時のレコードだったことなどは知らなかったが、
長距離の競走に光があたっていた時代が懐かしく、
今は亡き、セイウンスカイに手を合わせた。
[PR]
by finestable | 2013-10-19 07:07 | 競馬