Fine Stage

0520 みんなヒダカだったね



日曜日のヴィクトリアマイルの大万馬券の主役達はみんなひだか生産馬。
ストレイトガールは浦河の岡本牧場の生産で、
フジキセキ×タイキシャトルというやや旬をすぎた血統でした。
ケイアイエレガント、ミナレットは新ひだか町の生産。
社台生産馬が馬券に絡めなかった不思議なレースでした。
近年は、社台・ノーザン生産馬以外がG1の舞台に立つのも至難のこと。
これから始まるオークス・ダービーには社台Gの有力馬が目白押しです。
牝馬のスプリントからマイルのディスタンスならひだか生産馬にもチャンスはある!
ということが言えたレースでした。
平取産のレッツゴードンキが流れを変えてくれたのかもしれないですね。


c0240132_533654.jpg

c0240132_5331178.jpg

c0240132_5331514.jpg

c0240132_5331948.jpg

c0240132_534241.jpg

c0240132_534615.jpg

[PR]
by finestable | 2015-05-20 05:34 | 競馬