Fine Stage

0724 それでも僕は夢を見るー鉄拳


パタパタ漫画の不思議なキャラクターで、心のひだに感動を届ける「鉄拳」の絵本。
お話は水野敬也氏が書いている。



c0240132_55580.jpg





第一志望には受からなかった。

好きになった人には振り向いてもらえなかった。

やりたい仕事につくことはできなかった。

夢は、自分を励ましてくれたり、希望へと導いてくれたものだったのに、

絶望の背中には、夢を見た馬鹿な自分がいたことに気づいてしまう。

そして、いつか自分から夢を捨ててしまった・・・



c0240132_525717.jpg

c0240132_53594.jpg




40代、50代と歳を重ねて、いつしか老人となっていた。
絵本の中では、何もなし得なかった老人が、このまま死んでいくのはいやだと思い、
最後に自分の夢に、問いかけてみる。夢をあきらめたはずなのに・・・



c0240132_533930.jpg

c0240132_534756.jpg

c0240132_535611.jpg

c0240132_541283.jpg




夢は自分の「思い」で、自分のこころのなかにいる分身だった。と、この本は問いかけます。
夢も同じように老いていたのです。
死ぬ前に、生きた証を残したい。それが最後の夢だったのです。
[PR]
by finestable | 2014-07-24 05:06 | 一般