Fine Stage

10.2 今日はミルコ・デムーロの最初の試験日



来年度から、「実績優秀な外国人騎手」の受験時の扱いが明確化され、
筆記試験は「競馬関係法およびJRAの騎手として必要な知識」を問う内容で、
英語での受験も可能となった。
適用第1号として注目を集めるミルコ・デムーロ騎手は、
ドバイワールドカップをヴィクトワールピサで優勝し、日の丸を広げて涙ぐんだ親日家だ。
母国イタリアは国家的財政破綻の余波で競馬会にも賞金の穴配が続いている。
凱旋門賞が遠い国のレースでなくなって、
強い馬や、ダービー馬の次のステップとして遠征できる時代。
日本語で行われるの難関の口頭試験を突破して、日本のジョッキーとして国際舞台に飛躍して欲しい。
待っているファンも、多いと思うけれど、社台グループが囲ってしまうかもしれないね。


c0240132_695673.jpg



日曜日の新馬戦を快勝した、レッドルシアンとディアデルレイ。
牝馬の切れ味を見せたルシアン。
間を割って伸びてきましたが、このレースもスローぺースで・・・


c0240132_610336.jpg

c0240132_6115042.jpg



ディアデルレイは先行しながら3頭が行くに行かず、
だらだらとしたペースで、それでいてしまいも弾けず、
2戦目を見ないと何とも評価ができないメイクデビューでした。
スローになってしまう新馬戦は、評価が難しいですね。
[PR]
by finestable | 2013-10-02 06:13 | 競馬