Fine Stage

6.27 ノルマンディーファームさんを訪ねて



新ひだか町御薗の郵便局をすぎてしばらく走り、御薗橋を渡って
豊畑の一番奥の丘の上に、カントリー牧場(岡田スタッド)を含めた
広大なノルマンディーファームがひろがります。
豊畑は渡辺伊平さんという方が明治18年に開墾した土地だそうです。
浦河線の峠の観農台からは豊かな牧草地が一面に広がっております。
今回は、スタッフのNさんにご案内いただきました。
皆さん親切で気持ちのよいご対応をいただき、
ほんとうにありがとうございました。


c0240132_4492091.jpg


坂道の登り口、ダート周回コースから見あげたファームの全景です。
坂路コースの傾斜の感じがわかってもらえると思います。


c0240132_4501175.jpg

c0240132_4504743.jpg

c0240132_4534269.jpg


牝馬の厩舎横から見た、全景と坂路コースです。


c0240132_4512084.jpg

c0240132_4515150.jpg


牡馬の厩舎が道路を渡った右にひろがります。
異動前のお馬さんはみんな厩舎におりましたね。
広いですね。ここでオーナー名義の馬と、共有馬主の馬、
そしてノルマンディーのクラブ馬が育成されていくそうです。


c0240132_4522753.jpg

c0240132_4553170.jpg

c0240132_455558.jpg


見せていただきましたのは牝馬のマルーンドロップ。
坂路13秒台でいい切れ味を見せているということで見に来ました。
今週の調教動画も非常に良い動きをしておりましたね。
馬体はいいですね。移動は夏あけ3歳未勝利が終わってからでしょうか・・・
Nさんのニュアンスはそんな感じでした。
晩成系といわれるコンデュイットと激しい気性をどう判断するかでしょう。
新ひだか町と本州(小野町)を結んだ育成が、このクラブの最大の魅力。
初年度ですからあまり目先の結果にとらわれず、
クラブの目標を見失わず、頑張っていただきたいと思います。
[PR]
by finestable | 2013-06-27 05:00 | 競馬